コーヒーが好きなら資格を取ってバリスタを目指そう

食に特化したカリキュラム

コック

知識を深める講義と実習

調理師として働きたい人の多くは、卒業することで調理師の国家資格が取得できる調理師専門学校に入学する道を選んでいます。調理師専門学校には1年制コースと2年制コースがありますが、調理の基礎から応用まで充実したカリキュラムに添って学んでいきます。専門学校によってカリキュラムに違いはありますが、即戦力として社会に貢献できる専門的な知識と技術を学ぶことができます。調理師専門学校は実習ばかりしているイメージですが実際は講義も多く、食生活と健康、食品と栄養の特性、食品の安全と衛生、調理理論、食文化概論など決められたカリキュラムを学びます。実習では日本料理や西洋料理、中国料理の基礎となる技術を学び、どの分野でも活躍できる確かな技術を習得します。総合調理実習では、学校給食や病院などでたくさんの食事を作る場合に必要になる集団調理のノウハウを習得します。専門学校の2年制コースでは、さらに総合的に調理を学べ、得意とする分野の料理を深く研究することができます。また、2年制の場合は実習時間が多く取れるので、レストランや施設で職場体験ができる校外実習をカリキュラムに取り入れている専門学校もあります。その他にも、商品開発やマネジメントなど専門学校で学んだ専門知識を活かすための講義や社会で即戦力になる確かな技術を習得するための実習があります。自分が必要としている知識と技術が得られるカリキュラムがある専門学校を選ぶことが大切です。