コーヒーが好きなら資格を取ってバリスタを目指そう

入学の仕方と学費

調理

入学は簡単にできる

料理専門学校の入学は、ほとんどの学校は高等学校を卒業していることが条件となっており、これさえクリアしていれば後は出願し面接試験に合格すれば入学することができます。大学や短期大学とは違い、入試試験とは言っても筆記試験があることはなく、ほぼ面接試験と書類選考のみで合否を決める料理専門学校が多いです。中には中学校を卒業さえしていれば入学を認めている料理専門学校もあるので、学歴や偏差値を問わない料理専門学校が多いです。入試の種類は、AO入試・推薦入試・一般入試があり、入学のハードルはどの入試方法を選択しても低いです。理由は、料理専門学校は技術の習得をメインとしている学校であり、入学時点ではどの生徒も何も知らないことを前提として学習を始めるからです。それだけに、しっかりとした目的意識を持って入学しないと、挫折してしまう原因になります。料理専門学校の学費相場は1年であれば、安い学校では約70万円強で学ぶことができますが、有名校などの知名度のある学校だと高くなり約200万円強です。また、2年制で学ぶとなると学費はもう少し高くなりますが、各料理専門学校では奨学金制度や働きながら学ぶことができる仕組みがありますので学費はあまり心配する必要はないでしょう。また、料理専門学校では学費以外にも学習に使用する包丁やエプロン代などが別途必要になる学校は多いです。平均すると、学費は約200万円ほどかかる料理専門学校が多いですが、安く学ぶことができる料理専門学校もありますので経済状況に合わせて選びましょう。