コーヒーが好きなら資格を取ってバリスタを目指そう

気になる授業内容

バリスタ

資格取得コースも人気

基本的にバリスタとして働くためには、資格は必要ないので実地で学ぼうとスクールには通わずに実際の店舗で働きながら学ぶ人もいます。ただ、何も知らないで店舗で働くよりもある程度の技術と知識を持ってから働くと、技術をより現場で高めることができるのでスクールに通うのはおすすめです。バリスタの資格は、日本バリスタ協会が主催しているJBAライセンスがあり、レベル1からレベル3まであります。この資格を取得するには、日本バリスタ協会が認定しているスクールで学べは取得することが可能です。スクールでは、バリスタに求められる技術や知識を理論立てて身につけることができます。エスプレッソマシンの構造や取り扱いの仕方・エスプレッソの知識や抽出理論・ミルクフォームの作り方・カプチーノの基本的なことなどを学べます。もちろん、バリスタになるために欠かせないエスプレッソを入れる技術もしっかりと何回もくり返して学びます。そして、カフェラテに華やかなアートを施すラテアートも学ぶことができます。ラテアートはカフェでも人気のあるメニューであることや趣味として楽しむ人もいることから、スクールでは単発授業を行うことがあります。この場合は、バリスタに必要なさまざまなことを学べるのではなく、ラテアートのやり方だけを学ぶ簡単なものです。しかし、このラテアートをきっかけにバリスタに興味を持ち、目指す人もいるほどなので注目度も人気度も高い技術です。その他にスクールで人気のある授業には、将来の店舗運営を学ぶことができる経営全般に関する授業です。