コーヒーが好きなら資格を取ってバリスタを目指そう

気になる授業内容

バリスタ

バリスタになるための資格を取得することができるスクールは、人気があり多くの人を集めています。スクールではバリスタになるために必要な知識と技術を学ぶことができますが、ラテアートに関する授業は特に人気が高いです。

基礎から経営まで

コーヒー

通信教育や通学がある

コンビニやファストフード店で提供されるコーヒーには豆にこだわったものが増え、インスタントコーヒーも本格的な味を追求した商品が増えてきています。様々な種類のコーヒーが増えたことによって、コーヒー自体に興味を持つ人もいるのではないでしょうか。自宅でも本格的なコーヒーを飲むための知識として、資格取得という方法があります。コーヒーの資格と言っても、公的なものはないのです。すべて民間の資格なのです。一番手軽に始められるのは通信教育です。空いている時間に勉強ができるの誰でも資格取得を目指すことが可能です。通信教育にも種類があるので、良く比較してみることが必要です。多くはインターネットや郵送で在宅受験をすることができます。豆の選び方、焙煎、淹れ方などの基本を学べます。さらに上級者向けでは、コーヒーの知識とコーヒーショップやカフェについて学ぶことができます。淹れ方などの基本的なことと、経営や接客について学んでいきます。経営など学ぶことが増えると、通信教育ではなく通学になることが多くなります。働きながら通学が可能な学校もあります。実際の調理器具を使用して学べる点もメリットの一つです。また、コーヒーの資格には通信教育や通学などの勉強方法があります。資格の種類によっては、カフェなどで実務経験がないと受験資格が与えられないことがあります。自分がどのようになりたいのかをはっきりさせてから、どの資格が良いのか、どの勉強方法が良いのかを判断します。

食に特化したカリキュラム

コック

調理師専門学校では、講義と実習を通して専門的な知識と確かな技術を習得し、即戦力として社会に貢献できる調理師を育成しています。講義では食品の安全や衛生、調理理論、食文化概論など必要な知識を学び、実習では日本料理や西洋料理、中国料理などの基礎から応用まで学びます。

入学の仕方と学費

調理

調理の技術を学ぶことができる料理専門学校の入試は、面接と書類選考で合否を決めるので合格しやすい面があります。料理専門学校の学費は、平均すると約200万円かかりますが、安くてお手頃な学費負担で学ぶことができる学校もあります。